20150706010

女性が汗のニオイを気にするようになる年齢は、「高校の1年生~3年生の間の思春期」と「社会人1年目から3年目」の2度ピークが来るという調査結果があります。体や状況の変化などで、エチケット意識が高まる時期なのでしょう。ワキ汗対策は、今や女子の身だしなみの一つとなっています。

ワキ汗対策は、汗が出る前のプレケアが主流

消臭や抗菌がメインだった頃から一歩進んで、ワキ汗対策は、ニオイの原因の一つである汗をブロックする汗ジミ対策としても有効なプレケア派が増えています。

「Ban汗ブロックロールオン」は、ナノイオン制汗成分が汗の出口にフタをして、汗が出る前にワキ汗をしっかりブロック。殺菌成分イソプロピルメチルフェノールはニオイ菌であるバクテリアを殺菌。汗の原因を完全封鎖です。

汗を止めても大丈夫なの?

そもそも汗には体温を調節する働きがあり、本来はなくてはならないもの。でも、ワキ汗は体全体から出る汗の量のほんの1%と、非常に少ない量の分泌となります。ワキには汗腺が多くあることから、水分(汗)が多く、また適度な温度も保たれているため、菌が繁殖しやすい環境となっています。ワキ汗を止めることで菌の繁殖を抑え、ニオイや汗ジミも予防できるのであれば、むしろ汗を止めることのメリットの方が大きいと言えます。

人気の秘密は使い心地の良さ

初めての制汗剤がBanシリーズで、そのままずっとBanシリーズのファンが多いのは、やはり爽やかな使い心地の良さでしょうか。「Ban汗ブロックロールオン」は、速乾処方で使用後はさらっと快適。ほのかな石鹸の香りに女子力も上がりそうです。

sp-kanri